« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

「みやべ食堂」のちゃんぽん

今日はNET仲間で宮原町の「みやべ食堂」にちゃんぽんを食べに行く。
集合は11時ごろに「道の駅竜北」。
三々五々集まってくる・・・・といっても総勢5人だけど(^^;;

駐車場が狭いので、車1台に乗り合わせて出発!
店の駐車場は案の定一杯。道一つ隔てた共用駐車場?になんとか
1台分空きがあったので滑り込ませることができた。

Miyabe

人気の有る店とは聞いていたが、まだ11時20分ぐらいなんですけど~・・・・。
空いているのが2人席が2つだけ、5人が一度に座れる席が空いてないヨ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ってことで10分ほど待ちの体勢へ(^^;;

で、ちゃんぽん1杯500円也を注文。おまけにおにぎり2個180円を二人で分けることに。

ちゃんぽんはいたってシンプル。もやし、キャベツ、ねぎ、豚肉、かまぼこの具に醤油ベースのスープにちゃんぽん麺。
これでお客さんを開店直後からほぼ満席にするだけの味をだせるのだからスゴイっす。
シンプルだけに素朴なちゃんぽんでスープもしつこくなくずず~と飲めました。
ひさびさにちゃんぽん食ったよ~・・・・と、実感(^_^)v

Cyanpon02_1

画像のちゃんぽんは、写真撮るのを忘れて箸をつけた後の物(^^;;
具が減ってるよ~・・・・・しかも人の画像だよ~(^^;;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

樫永峠

ここのところ胃の調子がイマイチなんだけれど、久しぶりに天気が良さそうなので
樫永峠に行く。

最初は塔の坂から水越にでて樫永峠に出るつもりだった。、
しかし、お昼に帰ってくるのに時間が足りなさそうなので、
樫永峠>>>水越>>>塔の坂と走ることにする。

国道から橋を渡って峠への道に入る。
いきなりきつい登り。10%の標識に気持ちが萎える。・゚・(ノ∀`)・゚・。

Nobori01

10%の坂はきついけれど短いのでなんとかクリア(^^;;
ときどき旧道の名残がみえる。石橋?草に覆われて実態がわからない(^^;;

Kyuhashi

その後は勾配自体はキツクはないけれどヘタレには堪える登り。・゚・(ノ∀`)・゚・。
後半は山肌を縫うような九十九折。「あれ登るのか~」と思うと気力が・・・・。
ただ、走っていると滅茶苦茶きついわけでもないので、
ヘタレなσ(-_-)には良い試練だったカモ(^^;;

峠付近は結構平坦。遠くにマミコゥロードが見えます。
結構山肌えぐってますね~。自然破壊してますって感じ(ーー;)

Mamiko Touge

水越までぬるい下り(^^;;
水越からちょっと登ってだ~っと下ると思っていたら勘違い。
結構下ってちょこっと上り返す。
ここは一度走ってるんだけどな~、忘れてました(^^;;
塔の坂・・・地名?坂の名前?なんすかね~(^^;;
かなり下ったところでロードの人とすれ違い、挨拶する。
重いギア踏んでたんでしょうね~、すっごくキツソウでした。

下りきってからは風が結構吹いてましたがなんとかお昼には帰り着きました。

今回はGoogle Earthにもトラックデータ落として見ました。

Kashinagagoogle Kashinagatougemap

Kasinagatouge

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

新兵器投入(Flex Wind Cycling Jacket)

ってウインドブレーカー?ですけどね。
自転車用ってのは初めてなんで、なんかちょっと嬉しかったりして(^^;;

アウトレット商品です(^^;;
クローズアウトってことは廃盤商品ってことですかね。
確かにメーカーのHPにも載ってなかった。

Wind01 Wind02

つくりの方はといいますと、ペラペラのポリエステルのジャケットですね。
自転車用なんで当然背中のほうが長めになってます。
背中にポケットが一つ。ジッパー部分に反射素材のテープがついてます。
サイド~袖(の風の当たらない部分)は伸縮性・通気性のある素材。
背中の内側上部にも同じ素材が使ってあり、さらにベンチレーションできる
(日本語が変(^^;;)ように作ってあります。

で、使用感は・・・・・・。
今朝は山用のアンダー(長袖ZIPTネック)にユニクロの半そでのスポーツ系Tシャツ?
を着てその上に着用。
思ってたより気温が高かった?のか出だしから寒さはさほど感じなかったので
厚着しすぎたかな~・・・・・と思いましたが、意外とムレませんでした。
まぁ、山用のアンダーの機能がいいのか?ジャケットの機能がいいのか?
わからないけど、ユニクロのウインドブレーカーより確実にいいです(^^;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

道善坂

自転車に乗るようになってから地図を見ることが多くなってきました。
で、前回西山峠に行ったわけですが、その西山峠よりちょっと南側に「道善坂」なる表示が地図上にあります。
別に峠の表示はないけど坂の名称は付いてるんですね~?
由来とかはわからないけど面白そうなので行ってきました。

緑川沿いから緑川PAの裏を登って県道32号線に出て、豊野方面に向かいます。
途中先日発砲事件があった付近を通ったけれど、なんてことない普通の田舎(^^;;

以前立神峡に行った時途中に石橋があったのでそこにちょこっとよっていく。
「山崎橋」天保2年にかけられたらしい。何気にかかってる橋も侮れませんな(^^;;

Yamasaki01_1  Yamasaki02

テキトーに豊野の街中?を抜けていよいよ道善坂を目指します。
「名前をつけるような坂?」と思いつつ、なんか田舎道をゆるゆると登っていきます。
ちょっとした坂を登って平坦になったところから撮った写真。

Douzensaka01

なんか大したこと無さそう(^_^)v
と、思ったσ(-_-)が馬鹿だった。すいません、ごめんなさいっ。
画面のカーブを曲がったところから急登だぁ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
中盤まで強烈(当社比ですので人により感じ方は違います)な登りが続きます。
その後は結構フツーの坂。
で、ちょっと油断させておいてまた急登。(でも最初ほどではないっす)

やっと上りきったところの写真。
町境で路面がはっきり違うのがわかりますね~。

Douzensaka02

で下る側はこちら。

Douzensaka03

「さっ!下りだ~!」と思ったらすぐ下りは終了。標高差50mぐらいしか下ってない(^^;;一旦平坦部を走って県道105号(甲佐小川線)にでます。本格的に下るのはそこからのようです。
で、甲佐小川線にでる途中で撮った写真。

Yagi

「牛が守る地域の農地」・・・・・・なのに「ヤギ」っすか?なんで「ヤギ」っすか?

甲佐小川線の下りは気持ちよく下れます。こちら側から上ったら快適だけどツマンナイ
って感じですかね~。
・・・・・って思ってたらS字カーブのところから拡幅舗装工事でいきなりダートに。
MTBに乗ってて良かった~(^_^)v
結構長い距離ダートでした。ロードの方は避けたほうがいいっすね。

工事区間が終わってちょっと下ると「カントリーパーク」の看板が。
ちょっとよってみると運動公園のようでした。
下のほうに芝の広場に東屋とかあったのでお茶セットもってくると良さげ。

あとは甲佐に出て緑川沿いを通り帰りました。

西山峠よりもちょっとキツク感じました。でも、そのぶん下りが気持ちよかったかな~。σ(-_-)のようなヘタレには鍛錬になる坂道でありました。

Douzenzaka Douzenzakahl

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

人吉キャンプ その五(備忘録)

【加久藤峠GPS DATA】

Kakutoumap_1 Kakutouhl

【キャンプ場】
人吉クラフトパーク石野公園
熊本県人吉市赤池原町1425-1
TEL:0966-22-6700
テント小420円/1泊、タープ420円/1泊
施設:水洗トイレ(障害者用トイレ有)、炊事棟
サイト:区画無しフリーサイト、芝、車乗り入れ禁止、直火禁止

【温泉】
★ホテル華の荘
熊本県人吉市東間下町字米山3316
TEL:0966-22-1126
泉質:ナトリウムー塩化物、炭酸水素塩泉
営業時間:6:00~1:00
大人:500円
ロッカー、ドライヤー、シャンプー、リンス、石鹸あり

★吉松駅前温泉
鹿児島県姶良郡湧水町川西935
TEL:0995-75-2026
泉質:アルカリ性単純温泉
営業時間:
大人:250円
ロッカーあり

★神城温泉
熊本県球磨郡錦町西字大谷742-3
TEL:0966-38-3666
泉質:単純温泉
営業時間:10:00~1:00
大人:500円
ロッカー(10円)、石鹸・シャンプー(無料)、ドライヤー(10円/3分)あり

★桃李温泉 石庭の館
熊本県人吉市矢黒町1970-5  
TEL:0966-22-3537
泉質:ナトリウムー炭酸水素塩,硫酸塩、塩化物泉
営業時間:10:00~22:00
大人:300円
ロッカー、石鹸あり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

人吉キャンプ その四(桃李温泉)

最終日は撤収のみ(^^;;
朝食はベーコンエッグとあんぱんとジャムパンにコーヒー。
メガミッドとタープはかなり結露で濡れているので乾くのを待つ間読書する。
天気がいいのでのんびりしすぎか・・・・。
小物を片付けたところで小腹が空いたのでカップ焼きソバを食べる。
撤収中にちょっとお隣の若いお父さんと話をしたが、寒くて眠れなかったらしい。
確かに今回は夜は寒かったけどな~(^^;;
眠れない原因は犬のせいだったな~(^^;;夜中野良犬が吠える吠える。
吠えながら巡回してたんもんなぁ(ーー;)

撤収を終え、どこの温泉に行こうか悩む。
で、結局桃李温泉に行くことにする。
入口には「満室でお泊まりになれません。温泉は入れます。」の看板が・・・。
人気があるのかなぁ?斜面に増築を繰り返しましたって感じの旅館だけど。
受付にでたのは若女将でしょうか・・・・美人でした(~_~;)
きっと人気があるにちがいなひ(^^;;

温泉は岩で囲った露天風呂です。ただ斜面に作ってあるので、
脱衣所から露天に下りる階段がお年寄りにはキビシイでしょうね>男湯
お湯はちょっと温めでσ(-_-)にはとってもいい感じ(^^;;
撤収の汗をさっぱりと洗い流してくれました。

Tourionsen01 Tourionsen02

温泉のあとはもう高速乗って帰るだけ(^^;;
渋滞も事故もなく無事帰りつきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

人吉キャンプ その参(吉松駅前温泉、しんぺい号)

加久藤峠を越えた後ではえびの市の国道が天国に感じる。
路面はいいし、ちょっと下り勾配でスピードでるし、路側帯が広い上に車が少ない(^^;;
帰りは吉松駅からしんぺい号で輪行の計画。
京町温泉街で温泉に入りたいとも思ったが、スタートで遅れダートで遅れと時間が押しているのでとりあえず吉松駅へ向かう。
予定では吉松でラーメン・うどんのお店で食事後温泉に入るはずだったが、
時間的にどっちか削らないとダメそうだ。
で、途中のコンビにでおにぎりとお茶をかってしんぺい号で食べることに。

県境の標識で記念撮影。
これで、今日1日で熊本県・宮崎県・鹿児島県を走ったことになる。

Hyoushiki03_1 Yoshimatu01

吉松駅に到着。
駅前にはSLが展示されている。
骨董市?みたいのもあっていたが、お客さんより売り手ほうが多かったかも(^^;;

発車時間まで1時間あるので、吉松駅前温泉にはいって汗を流す。
レーパン、ジャージで観光列車に乗るのもちょっと恥ずかしいので着替えもする(^^;;
温泉は1人で貸切状態。湯船は二つに区切ってあり奥が熱め、手前が温め。
熱いほうにはちょっとしか入れません(^^;;アツイヨ~
ダートの緊張感から開放されて温泉につかると身体が弛緩していくのを実感。
建物もあたらしくいい温泉だった。

Ekimaeonsen01_1 

さっぱりしたら、駅で自転車を輪行袋に収納。今回は意外と短時間に収納できた。
けど・・・・ベルトがどんどん緩んでいくのにはまいった(ーー;)
荷重が係ると締まる・・・・ハズだよな~、コレ(?_?)

移動自体は階段はあるけどちょっとの距離なんでとりあえず注意してしんぺい号へ。
自転車をおけるスペースは車両中央付近のドアのスペースあたりだったけど、
先にベビーカーが置いてあったんで使えない(ーー;)
車両の一部が自由席?というか座席の無いカウンターになってるところがあったので
そこの下に立てかけることに。特に苦情も出なかったんで良かったのだろう(^^;;

Obako01 D5101

しんぺい号いさぶろう号は観光列車ということで、観光スポットで停車して
乗務員のおねーさんの観光案内がある。
鉄なおとーさんや子供達は案内にしたがって車両の右に左にと結構忙しい(^^;;
スイッチバックやループが有る上に日本3大車窓の一つで、駅にもSLなど展示してあったり山間の田舎町には結構な観光資源には違いない。
車内にはモニターがあって進行方向の画像が流されるが、σ(-_-)の席からは見えんがなっ(ーー;)

人吉駅からキャンプ場に戻ると買い物と温泉へ。
クラフトパークと国道はさんで向かい側にショッピングセンターがあり、
同じ敷地内に神城温泉もある。

温泉はまぁ普通(^^;;温泉センターぽいつくり。
入浴客も少なかったのでゆっくりできた。
ロッカーが10円ってのがいい(^^;;

キャンプ場にもどって暖かいソバを食べてあとは飲んだくれ(^^;;
それでも9時過ぎには寝袋の中へはいっていた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

人吉キャンプ その弐(加久藤峠越)

朝、テントの外に出てみると霧!
うみゅ~、夜明けのコーヒと洒落てみたいところだけど霧に濡れるにはちと寒い。
で、寝なおす(^^;;

Kiri01 Kiri02

今日は自転車で加久藤峠(旧国道)を越えるというミッションが控えている(^^;;

霧がおさまらず結局予定より1時間以上遅れて9時40分ぐらいにキャンプ場を出発する。
国道をしばらく走ると霧もおさまって今日の好天を予感させる日差し。

ループ橋までは緩やかな勾配。「高速ができてからは交通量は減っている」って
話だったけれど大型車両も結構走っていて、気持ちのいい道ではなかったっす。
トンネル抜けるのは恐そうだ(^^;;
ループ橋の途中から、「人吉民芸の村」の案内の看板が出ているのでそちらへ入る。
しばらく舗装路を走り、矢岳林道との分岐からいよいよダートへ。

Roop01 Touge01_1

最初は「まぁ、こんなもんか」って感じで登っていけましたが、
「ここ本当に車が走ってたんかいっ!」ってな感じに岩がぼこぼこでてますけど(^^;;
深いわだちに後輪が滑って転倒してからは安全第一、押しが多くなりました。
まっ、担ぎがない分楽ですけどね~。
単独なんで山の中でケガで立ち往生でもしたらシャレにならんからな~(^^;;

千年の森林の碑の先の分岐でオフロードバイクのお兄さんと挨拶を交わす。
「へっ?」って顔つきでしたけどね~(^^;
結局ダートで出会ったのはこの人だけだったな~。

Touge04 Touge03_1

大きな落石があるところを抜けてしばらく登ると有りました、県境の標識!
宮崎県・えびの市の標識は汚れてはいるけれど、そんなに古臭さは感じません。
が、反対側にまわって、熊本県・人吉市の標識は・・・・朽ちかけてますね~(^^;;
こっち側だけ酸性雨が降ってたんかいって感じ(^^;;

Hyoushiki01 Hyoushiki02

事前にネットで調べたところでは宮崎県側のほうが状態は良いってかんじでしたが
熊本側はガレた感じで宮崎側はわだちのえぐれ方が半端でないっす。
「テク無しサス無し度胸無し」の半端なMTB乗りなσ(-_-)にとってはどちらも
悪路には変わらないっす。・゚・(ノ∀`)・゚・。

峠自体は見晴らしが良いわけでもなくこんな感じ(^^;;

Horikiri01 Horikiri02

下の方から国道を走る車の音が聞こえてくると道も走りやすくなる。
調子にのって下ってたら後輪が滑ってバランスを崩しかけた。
危ういところでがけ下に突っ込まずに済んだヨ~≡≡(;´Д`)ハァハァ 

ちょっとひろい分岐にでるとダートも後わずか。
ここからは加久藤トンネルの宮崎側出口が見えます。
なんかホッとする瞬間(~_~;)

Toneru01 Kyoumachi01_1

ここからちょっと下ると舗装路にでます。
だんだん路面が良くなってラブホテルの脇にでると峠越えも無事終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

人吉キャンプ その壱

11月3日~5日で人吉のクラフトパークでキャンプしてきました。

ルーフに自転車載せてます。
ルーフキャリアの自転車って、横Gかかるとヤバイって思ってるのは自分だけでしょうか?

Camp01_1

キャンプ場に着いたら頭が痛い問題が発生・・・・・。
それは・・・・・「頭」が「痛い」っていう問題。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ちょっと風邪気味だったので普通にしてると感じないけど、何かの拍子にズキンズキンしてくるですよ~。
ってことで、普段の倍時間かけて設営。

Camp02_2

すこし落ち着いたので予定の行程を半分ぐらいに切り詰めてサイクリングロードを走る。
松の泉酒造でだご汁定食を食べる。

Matunoizumi Cycle01

すぐ近所に昔からのNETの知り合いがいるのでちょこっと寄った。
宴会中でしたが(^^;;上がりこんでお茶でお茶を濁す・・・ってか(^^;;
いや、そこはお茶屋さんなんですけどね(^^;;

キャンプ場に戻った後、車で華の荘の温泉へ。
日の入りの時間に行けば露天はなかなかの眺めになりそう。

Hananosyou

夜のお楽しみ。
っていっても翌日、今回のキャンプのメインイベントが控えているので口をぬらす程度。風邪気味だしね。・゚・(ノ∀`)・゚・。もちょっと飲みたかった。

Camp03_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »